脱力系備忘録BloG ホーム »ブルーベリーの鉢替えに合わせてピートモスからココチップへ

ブルーベリーの鉢替えに合わせてピートモスからココチップへ  

前回の鉢替えが2017年の10月29日
特に前回の日付を意識したわけではないが、ふと、「そうだ鉢替えしよう」と思ったのが3年目の今年。
いつも、やろうやろうと思いながら忘れる鳥頭にしては珍しく3年ごとの鉢替えを行うことにしました。

その鉢替えですが、今回は土をがらりと変えることにします。
今まではピートモスと軽石でしたが、今回はココチップと鹿沼土にします。
blueberry-20201125_01.jpg

はい。ピートモスやめます!

なぜか?
ピートモスは乾燥すると水を吸わなくなるのでそうなったときの対策が大変

それと、ピートモスはコガネムシを呼び寄せやすいので毎日コガネムシの気配におびえる日々を過ごさないといけない。

ということで、じゃあピートモスやめれば良くね?と思い、その代案としてココチップを使うことにしたのです。

本当はココピートと軽石にしたかったのですが、近所のホームセンターにあったのがココチップだけだったのでココチップにしたのですが、これって保水性なさそう。
そこで、いくばくかの保水性と酸性度を鹿沼土に頼ることにしました。

用土の配合はココチップ:鹿沼土を6:4としました。


さて、それではブリジッタさんを引っ張り出します!
と思ったのですがなかなか抜けません。結構手古摺りましたがようやく抜けました。
blueberry-20201125_02.jpg
3年前よりかなり根が回ってます。
毛根が張りまくって完全に植木鉢の形になってました。

それを根気強く洗い、ホースの水流で微細化したピートモスを洗い落とすこと2時間。
気力の限界です。
blueberry-20201125_03.jpg
これで良しとします。

作業中、枝を一本折り、根元から伸びてきた新しいシュートも折ってしまいました。

そんなこんなでとりあえず新しい植木鉢に植え替えました。
blueberry-20201125_04.jpg
容器が少し大きくなりました。
持ち手があるので移動も少しは楽かなと思います。

いやー、すっかり紅葉しましたねえ。
blueberry-20201125_05.jpg

そして、スパルタンも鉢替え。
blueberry-20201125_06.jpg
根が結構増えていたのでなんとか成長してほしい。

それと、新顔のヌイもよろしくぬい。
blueberry-20201125_07.jpg
ぬいぬい。


それぞれの鉢に寒肥を施し、酸性度を上げるため硫安を施してみました。
硫安の分量はブリジッタに3g。スパルタンとヌイに1gとしてみました。

で、当然最後にたっぷり潅水させたのですが、

ある程度予想はしてましたが・・・水はけが半端なく良すぎです。


今回のアイデア・・・どうでるか・・・ちょっと不安です。

硫安
硫安
ブルーベリーの関連記事

category: ブルーベリー

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

最新記事

最新コメント

▲ Pagetop